洗面台の魔に潜む真実

洗面所に潜む魔の真実




洗面所。なぜかいつも嫌な場所。
行きたくない場所。
冷たい冷たいプラスチックに触れるように
私が全力で拒む場所。

1回目 洗面所全出し

スッキリはしたけれど
でもやはり付き纏う冷たさ、無機質感
洗面所では色が見えない。

2回目 洗面所 アクセサリー全出し

溜まりに溜まっててんこ盛り
出る出る。

買うときには
「可愛い!」「これ好き」
って思って買ったはずなのに

今どうしてこんなに悲しい気持ちになるんだろう。
悲しいを通り越して吐き気だ。

とにかくやろう。
全出しの後はカテゴリー分け。
絡まったチェーンを解き
指輪を集め

「好き」だと思ったはずのものを
冷たい目で見ている自分にも気付きながら
淡々と作業を進める

途中3回休憩入れました

使ってないものを手放す

思ったより沢山は出なかった。
アクセサリーだから小さい分
収納するところがあるから置いててもいっか
という甘えた気持ちがあったことは否めない

見た目はスッキリしたけれど

それでもやっぱり晴れない気持ち
もっと洗面所が嫌い
整理したから好きになるのかと思ったのに
今までよりもっともっと嫌になる気持ち
そんな気持ちを持ったまま
でもこの気持ちには慣れっこで
こんなものだと、誤魔化しのマドラーを心で回しつつ…
Yoshimiさんのところへ動画のワイプを撮りに向かった

整理手順は完璧だった

仕分けはできても物の帰る場所が作れなかった私を
「作れたやん」と褒めてくれたYoshimiさん
それはとても嬉しいのに
暗い気持ちが取れない

話している間に
このアクセサリーに自分の執着が
てんこ盛りに込められていることに気づく。

そのお買い物はどうしてするの?

まさにコレ↑でした。

ここにあるアクセサリーがまだ数個だった時
私は初めて抱えきれない悩みを持ちました。
命を育てる重み。想像をはるかに超えるものでした。

悩みも上手く打ち明けられず
思うように子供が愛せず
絶望のような日
意を決して打ち明けた夜
数分で眠りに落ちていた元旦那。
感情のやりとりがうまくできないまま

私は一緒にいる努力よりもお別れを選びました。
どうやって気持ちを伝えていいのか
どうすれば伝わるのか…
いつも返ってくる

「しょうがないやん」の前に
一緒に生きていきたい気持ちが霧のように
もはや個体として存在しなくなりました。
もっと態度で愛して欲しかった
時間とともに薄れて行く淡く儚い願いの霧
助けて欲しい。それだけだったのに。

愛はもらうより与えるものとは聞くけれど
愛ごと行方不明になって返ってこなくなる。
そんな事も起こりうるようです。

私は気持ちを伝えたり、話したりするのは得意ではないし
何言ってるのか分からないと言われる事も多いから
分からなかったんだろう。
分かって貰わないほうが都合が良かったり。
そんな気持ちもあったかもしれない。

しんどい自分でいるのが好き
大変だねって言われる立場は楽だから
でもそれを求めて
そういう自分であったところで意味なんてない。

誤魔化さずに上手く伝えていたら
未来はきっと変わってたよね。

でも今あるこれが事実。
伝えられなかった。
伝えなかった。

私の感覚と、彼の生き方の次元が
今まで重なっていたけど

すごいスピードで遠心分離した。
そんな感じ。

気持ちに正直になって伝えるという課題は少し残したまま
ここで彼とはオシマイ。長い間ありがとう。の気持ちです。

買い物で誤魔化した気持ちたち

そんなこんなで、
育児中抱えきれない思いからも私は逃げ
買い物で解消していました。

今日はコレ買ったから頑張る
これ買ったから優しくする
これが買えるなら我慢する
これ買ったから幸せ…
上がらないテンションを買い物で上げる。

でも本当にしたいことは
素直に「辛い」「しんどい」って気持ちを話して
協力することだったな。
それから一緒に喜んだり、楽しんだりする事だったのに。

数千円の買い物をして
その気持ちを誤魔化し続けてしまった。
それが現時点までの出来事として現象化していて

こうして溜まったのが
このクローゼットに眠るアクセサリー達。

なんということだ…
私が誤魔化し続けて、
お金を払ってまで誤魔化していたものが
溢れてしまいました。

今日は洗面所で泣き崩れてしまいそうです。

こちらも人気です( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

トップページに戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です