感情的なsomething




kuumiii twitting シリーズ
ブログの方向性やデザインに行き詰まり
ブログデザイナーの方に会いに行きました。

その時に出たキーワードをずっと眺めてる

○自分をどれだけさらけ出せるか
○何かを表現するということは
自分から滲み出る感性を
どれだけブチ込めるかだ

嘘つきだった自分

このキーワードに出会ってから
嘘つきだった自分がありありと表面化し
結果幼少期まで遡ってその原点にたどり着く

毒を吐き出すハジマリなんて些細なものだ

感性をぶち込むために嘘はつかない
誰かにつく嘘じゃなくて
自分に対して。

ただそこに響く音に共鳴する

しかし長い間無視し続けていたために
響が在る事は分かるのにメロディにならない
それが過去の私が選んできた道。

でも確かに感じる響きにリズムを乗せ
歌詞を乗せ、両手を広げて歌いながら
広い海を目の前に大きく生き切りたいのだ

そんなセンチメンタルを押し出し
その裏にある「元気一杯生きたい」
この気持ちに嘘をつかない
笑って笑って生きたいんだって
強く思いました。

もう下を向いて生きる時間は
生き飽きた。

心の中で響いてる音は
とてもご機嫌なリズム

ただ私はこの楽しさが怖いのだ

心の底から笑うことを
何よりも恐れているのは私。

そして何よりも求めているのも私。
さあ選ばなきゃ。
下を向くか、それ以外か。

トップページに戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です