身につける習慣-未来に繋がるお片づけ-




すっきりした空間っていいよね
Kumiko
Kumiko

みなさん…いきなりですが、、、



『おかたづけ』と聞くと
どのようなイメージが湧きますか?…

「イメージが湧く

そう。好きとか嫌いとかいう反応って
自動的に湧き上がる感情で決まったりします。

『なんか分からんけど嫌』とかいう感じは
ちゃんと言語化して理解してないだけで

ちゃんとわかってるんです。

もしお片づけと聞いて嫌だなぁ〜と感じる方は
何か思い残したことがあるのよ^_^
その時ちゃんと感じ切れなかった感情というか。

その思いは多くの場合、
子供の頃のお片づけ環境で生まれたかも。
自分の子どもにそんな記憶根付かせるのも嫌ですよね。もしお片付けの思い出に「嫌だな虫」がいてもそこにある気持ちをちゃんと見れば蝶になって飛んでいくから大丈夫なんだけど、厄介である事は確かですw

子どもが「お片付けはなんて事ないよ〜」と言えるように、そして自分の心に重みがあるならお片付けと一緒に整理しちゃいましょう(・∀・)b

さぁ【お片付け】がもたらす心の地図を
もう一度広げてみよう!

お片付けが作る道筋

Yoshimi
Yoshimi

お片付けする事は「整理脳」を育みます!

整理とは「ものだけ」ではないのです。
その日のタスクリストだったり、
時間配分だったり、
様々なことの優先順位だったり

そういったことを頭の中で整理して考えられる力
それが整理脳なのです。

さて、タイトルにもある通り、
子どもの整理脳を育むために
私たちができることを
日々のエッセンスとして
取り入れていきましょう!

子どもが一人で片付けられる道を開け

そもそも「片付け」とは
出したものを元の場所に戻すこと。
それだけなのです。

この行動に必要なのは
物の場所が決まっていること
使いやすい・しまいやすい導線があること

この2点をまず確認してみてください。
決まった場所がない場合は
場所作りから始めましょう。

『誰が』『どこ』で『何を』するのか
その時に必要なものをその位置に置く。
使いやすさ、取り出しやすさも確認

Yoshimi
Yoshimi

二度手間になる収納はNG

引き出しを開けて、缶を開けてその中に収納となると
しまう時にも手間がかかります。
すると「面倒だな〜」となりがち。

出す・しまうは1ステップで

場所が決まれば子供と確認

自分だけが片付け場所を知っていていもナンセンス。家族と共有してこそ!

子どもに使いやすい場所であるかどうか
取り出しやすいかどうか確認しましょう。

子どもがパーソナルに使って良いスペース
家族と共有するスペースなど
場所と目的も確認すると良いですね。

リビングに作品を飾りたいなら
ここがそのスペースだと明確にわかるように
場所を作ってみましょう。

子ども部屋がある場合
片付けの場所決めを一緒にやったら
あとは子どもに任せて口出しせず見守り
片付けた後に感想をしっかり伝えましょう。

Yoshimi
Yoshimi

子どもが片付け終えた後にめっちゃ褒めます

片付けは子どもにとっても面倒なことだったりもします。そんな時、さらに親に口出されるとお互いにヒートアップなんてことになりかねません。

親が「片付けなさい」と言う時には
親のボルテージも上がってますからねw

ものをしまう場所が決まっていれば
あとは子どもが「いる」「いらない」を決めて
そこに戻すか捨てるかするだけ。

のんびりお茶でも飲んで待ちましょう

お片付けが養う4つの情

  • 感情…きれいだな、汚いな
  • 情動…気持ちいいな・嫌だな
  • 情操…学んだ結果に対する気持ち
  • 感性…センス

きれいな空間を心地よいと感じ、
散らかった部屋をみて嫌だな〜と感じる

これは普通のことなんだけど、
いつも散らかった部屋だとそれが日常になり風景になり感情・情動が鈍ります。

そして自分は「片付けられる」という成功体験もない場合、目的地である「きれいな部屋」に行ける気がしない。

そしてやらないという選択肢を取りがち。

でもこの「感情」「情動」に耳をすませてみてください。

そして1区画でいいから「片付けられた」という成功体験を重ねましょう。

それは大人も子どもも一緒です。
本棚の一列からでいいのです。

きれい・汚いに敏感になっていいんです!
正直に、言い訳もしなくていいんです。
自分の素直な感覚に思い切り飛び込みましょう!

少しづつ毎日やれば365箇所きれいになるもんね。
半分サボっても180箇所はきれいになるさ。

Yoshimi
Yoshimi

力を入れすぎず

Kumiko
Kumiko

私たちとゆるっと


お片付け、一緒にやっていきましょう〜!!

こちらも人気です( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

トップページに戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です